ホーム 推薦メッセージ

  • 個人情報の取り扱いについて
  • 合格証明書の発行について
  • 検定試験名称等の使用について
  • お問い合わせ
  • 動画で分かりやすくご紹介 紹介インタビュー
  • 『合格者の声』を募集しています!

推薦メッセージ
                                                            ※所属等はインタビュー当時のものです。

会計情報の活用はビジネスパーソンに不可欠な能力 関西学院大学 商学部 教授 平松一夫さん

日本会計研究学会会長 関西学院大学 商学部 教授 平松一夫さん

 わが国では今、会計に関する知識が真に必要とされ、会計への関心が非常に高まっています。
 最近、不正会計によって会社ぐるみで利益の水増しを行うなど、会計に関係する企業の不祥事が発生しました。こうした不正会計は、投資家を欺くだけでなく、企業が長年にわたって築き上げてきた信用を一瞬にして失うことにつながりますし、日本企業ひいてはわが国のディスクロージャーの信頼性を世界的にも失墜させることになってしまいます。
 一方、グローバル化の進展により国際的な事業活動や資金調達が拡大する中、日本企業が経営の透明性・信頼性を確保し、国際競争で生き残るために、国際会計基準(IFRS)への対応が課題となっています。実際、およそ100社に及ぶ日本企業が連結財務諸表の作成のためにIFRSを適用したり、これから適用しようとしています。
 会計の知識は中小企業にとっても重要性を増しています。近年の傾向として、銀行が中小企業に貸付けを行うにあたって、従来のように担保力を見るだけでなく、会計情報にもとづいて財務内容をチェックするという傾向が強くなっています。
 このように会計の重要性が増しているにもかかわらず、会計に対する知識や理解が十分に社会に浸透しているとは言えません。
 そこで、個々の企業の健全な発展のためにも、また社会全体の利益のためにも、正しい会計知識・スキルや的確な分析力を持つ人材を育成することが喫緊の課題となっています。
 企業会計の目的は、企業がその時々の会計基準や諸法令に則って公正妥当な会計処理を行い、企業の経営実態を明らかにすることにより、株主・債権者や取引先などのステークホルダー(利害関係者)に必要かつ十分な情報提供を行うことにあります。つまり、公表された財務諸表を読み取り、経営実態を正しく把握した上で投資や取引などの重要な判断を下すために、会計情報を活用することが重視されているのです。

 本検定試験を通して、ビジネスパーソンやこれから社会に出ようとする学生の皆さんをはじめ多くの方々が、会計に関する正しい知識・スキルや分析力を身につけていただくことを願ってやみません。

このページの先頭へ

-財務諸表分析力アップで「経営」が身近に株式会社ジェイティービー グループ本社人事部 JTBユニバーシティ運営事務局
人財育成担当マネージャー 坂野寿之さん

人財育成担当マネージャー 坂野寿之さん
人財育成を目指すグループ横断型教育プラットフォームを「JTBユニバーシティ」と定義しているJTB。このプログラムの一つに、2011年度より始まった経営人財育成研修がある。グループ全社から選抜された社員が世代ごとにステージB、ステージAの各ステージに分かれて集合研修を受け、次世代のリーダーを目指して研鑽を積むものだ。  30代前半の社員はステージBにノミネートされ、3年の期間にビジネス会計検定試験3級の受験が義務付けられている。合格するまで次のステージに進めないという仕組みだ。同検定試験を導入した背景について、同社人財育成担当マネージャーの坂野寿之さんに話を聞いた。
―― 会計・財務の知識を重視しているということでしょうか?
わたしたちは、旅行商品の企画販売を中心に広告・出版や商事など幅広い事業を展開しており、172社(2015年1月1日現在)のグループ会社を持っています。それら将来の経営者候補には、企業の数字を見る力は必要不可欠。そのため、財務諸表を読むきっかけとなるように、ビジネス会計検定試験の導入を決めました。
もともとコミュニケーション能力に長けた社員は多いのですが、逆に言うと、営業以外のことはあまり知らないということが課題でした。自分に課せられた予算は気にしているが、売上に対してどういった費用がかかって利益が生まれているのかという意識が低いというのも事実でした。
―― ビジネス会計検定の学習・受験で何か変化はありましたか?
検定試験を受験した社員からは「すすんで他社の財務諸表を見るようになり、経営というものが身近になった」、「財務諸表を読んでお客様へのアプローチを考えるようになった」という声が上がっており、前向きな変化があらわれてきています。
財務諸表を読むことで、セールストークにも役立つなど、営業の幅が広がってきているようです。30代のうちに基礎をおさえ、次のステップでさらに上の会計知識を身につけてほしいと願っています。
―― ビジネス会計検定試験に期待することはありますか?  会計に関する知識が曖昧なまま、日々の仕事に取り組んでいる方は多いと思います。この検定試験は、財務諸表に関する知識や分析手法を体系的に学ぶことができる最適な内容だと思っています。受験者を増やし「今の世の中、ビジネス会計検定くらい受験しないとダメだよね」と言われるくらいの検定に育ってほしいです。

このページの先頭へ

会計情報の活用はビジネスパーソンに不可欠な能力公認会計士・税理士
株式会社ディーファ 代表取締役 西川哲也さん

日本会計研究学会会長 関西学院大学 商学部 教授 平松一夫さん  会計というのは、単なる収支の計算ではなく、ビジネスでの共通言語だと思います。
会社の現状はどうなっているのか、どのようにしていかないといけないのか。良くしていくためには何にどう手を打つことが必要で、手を打ったらどうなるのか。数字をつかみ、アクションにつなげることができる力が、ビジネスの現場では何よりも大切だと感じています。
決算書や会計のデータを理解し、数字でものを考えることができるようになる。そのために必要な知識というのは、実はそれほど多くはありません。
この検定のいいところは、決算書を作る側ではなく、読み取る力を問うことにフォーカスしている点だと思います。数字を通して会社の状況を理解するための基本的な知識や考え方を身につけるには、ちょうどよいのではないでしょうか。  会計の制度・ルールは複雑になりつつありますが、基本がわかれば心配はいりません。検定にチャレンジすることで、考え方の軸をぜひ身につけていただきたいと思います。

このページの先頭へ

経営課題に敏感に反応できる「人財」に!近畿日本鉄道株式会社 人事部長 影山豊さん

近畿日本鉄道株式会社 人事部 部長 都司尚さん  弊社では、総合職新入社員全員にビジネス会計検定試験の合格を課しています。入社早々から会計の基礎知識を身に付けることで、会社の財務状況を理解し、経営課題に敏感に反応できる人財へと成長していく一助となると考えています。ビジネス会計検定試験を推奨する理由として、簿記検定試験が財務諸表を作成するまでの試験であるのに対し、ビジネス会計検定試験は、財務諸表の数値を理解し、分析することによって実務で活用できる知識を養う試験であり、経理関係の仕事につく社員以外にも役立つ能力であるためです。実際に経理部以外に所属する社員から「取引先の財務諸表を確認する際に検定試験で得た知識が役立っている」という声も聞いています。財務諸表を作成するのは一部の人ですが、財務諸表から情報を読み取る能力は、現役のビジネスパーソンはもちろん就職活動を行う学生といった実に多くの方々に有益なものですので、みなさんに挑戦していただきたいと思います。

このページの先頭へ

財務・経理の方以外にもお勧めです!岡本満さん(物流業)

岡本満さん(物流業)  私は現在営業職として企業に勤務しておりますが、企業の倒産が相次ぐ昨今の厳しい経済情勢のなか、取引先の倒産リスク管理や与信管理の一層の必要性を感じておりました。貸倒れリスク回避のため新規営業ターゲットの取捨選択や既存顧客の支払いサイト短縮交渉を進める中、偶然「ビジネス会計検定」の存在を知りました。試験の趣旨や公式テキストの内容を検討したところ、財務諸表を通じて企業の経営分析を行う基本的な考え方や手法が系統的にわかりやすく網羅されていると感じ、私のような経営分析に興味のある会計初心者がチャレンジするには最適な検定試験と思い、まずは3級の受験を思い立ちました。学習が進むにつれ、日常生活では経済ニュースの理解が以前より深まり、仕事の面では企業の安全性や収益性に対する分析の視点が増えたため、顧客管理のうえでも一歩踏み込んだアプローチが出来るようになりました。経理部や財務部でご活躍されている方には勿論ですが営業職の方にも大いに役立つ検定資格だと思います。今後は2 級合格を目指すとともに、中小企業診断士試験の財務・会計科目の出題範囲にも対応していますので、さらなるスキルアップを目指したいと思います。

このページの先頭へ

財務諸表の読解力・分析力が身につきます青森公立大学 経営経済学部 加藤瞳さん

青森公立大学 経営経済学部 加藤 瞳さん  大学で簿記・会計学を学ぶことによって、財務諸表の「作成能力」の重要性を知りました。しかし財務諸表の「作成能力」だけではなく、財務諸表の「読解力・分析力」を養うことも必要だということに気がつきました。その時、本学教授より大阪商工会議所主催の「ビジネス会計検定試験」を勧められ3級を受験して合格しました。現在さらに2級を勉強中ですが、2011年3月から行われる1級にも是非挑戦したいと思っています。大学のゼミナールで、自分の関心・興味のある企業の経営分析・財務分析の研究論文を作成しました。そこでビジネス会計検定試験で身に付けた財務諸表の読解力・分析力を活かすことができました。今後の卒業論文の作成や、就職活動での就職先企業の選択など様々な機会でも、検定試験で習得した財務諸表の「読解力・分析力」が大きな力になると思います。会計、経営、マーケティング等を学ぶ人に受験してほしい検定試験です。